<< つながるご近所♪ さわやかに〜 >>

life is ...

b0248135_859511.jpg

ここ最近、立て続けに映画を観ました。
ひとつは大好きなウッディ・アレンの『ミッドナイト・イン・パリ』。
彼の作品はコメディータッチだったり人間の心理をあぶり出す
シリアス風味だったりいろいろだけど、今回のは初期の頃の
『カイロの紫のバラ』みたいな、映画だからこそなしえる映像や設定の
憎いほどのマジックがたくさん散りばめられてるウッディ好きには
たまらないチャーミングな作品♪
主人公の台詞や喋り方、そして音楽もthis is ウッディ・アレン!で、
"らしさ"満載の夢心地な90分間でした。
ああ!映画って楽しい〜!ただただシンプルにすてきな夢にかけられたような。
フィッツジェラルド、ヘミングウェイ、ピカソにダリに・・・
黄金時代の天才たちもわんさかで笑った。こんな出来事に遭遇できるなら
すぐにでも真夜中のパリに飛んでゆきたい。
やっぱり劇場で観てよかったなー。現実逃避しに(笑)また行きたいかも^^

一方、昨日試写会に誘ってもらって行って来たのは
ブラック・ブレッド』というスペイン映画。ウッディ・アレンの
軽妙なタッチとは真逆に人間の闇に深く深く切り込んだ、生きることに
真正面から向き合った長編作品でした。
少年が主人公なのだけどまっすぐでピュアな眼差しに映るのは
ずっと信じてきた人々のダークサイド。つい感情移入してこちらまで心折れそうに
なる場面もしばしばで、やるせない気持ちになったり感情が大きく
振れる瞬間も多々あったのだけど、でも最後に感じたのは
人間のホンモノの誇りや尊厳。それは皮肉なことに光だけを浴びてても
わからなくて気づけなくて、きっと光の裏にある闇から逃げずに
現実として受け止めたときはじめてあぶりだされる、というのかな・・・
うむ。抽象的だけど、映画の余韻を味わっていると最終的にそういう
ところにたどり着いたのですよね。わたしはね。
映画の背景となったスペインカタルーニャ州の小さな村で起こった事件、
なぜそうした事件が起こったのかーを含めスペインの光と影を厚みある
ストーリーと映像で体感させてもらいました。
b0248135_902675.jpg

人生って複雑なようで単純。単純なようで複雑。
たまたまこの1週間の間でそんな相対するふたつの映画をみて
イメージトリップを存分に楽しんだ感じです。

あ、写真は今の季節らしい一枚。昨日はフォトスタイリングのクラスで
いろいろまた学びましたー。ただ技術向上すればいいってことではないことが
通うたびにわかって奥深いっ。
[PR]
by iegoccochi | 2012-06-11 09:00 | 映画の時間
<< つながるご近所♪ さわやかに〜 >>